2018年11月13日



 
 
 

EN CN KR JP VN MENA
   

You Grow ~ We Buy!
Purchase Opportunity Pictures
Al Dahra Agricultural
National Hay Association

premium alfalfa, premium dairy alfalfa, alfa alfa, high protein alfalfa, pnw alfalfa, washington alfalfa, california alfalfa, pda

アルファルファ

学名:メディカゴ・サティバ

PNW 1st Cutting Alfalfa アルファルファはマメ科の多年生の成花草で、多くの国で重要な飼い葉作物として栽培されています。英語名のアルファルファという名称は広く使われていて、特に北米では通名ですが、英国、オーストラリア、南アフリカ、ニュージーランドではルサーンという名称で知らせています。外見はクローバーのようで、小さい紫色の花がかたまって咲いた後、一つに10から20の種の入った実が2、3重、ら旋状になってつきます。

アルファルファはイラン(原産国とされています。)など温暖な天候の場所が原産です。少なくとも古代ギリシャかローマの時代に遡って家畜の飼料として栽培されてきました。

アルファルファは通常4-8年もつ多年生飼い葉マメですが、種類と天候によっては20年以上も生きます。植物は1メートル(3フィートほどまで生長し、時には15mも根が伸び、深く根付くのが特徴です。このため特に干ばつに強い植物でもあります。

アルファルファは小種子作物ですが、発芽の生長がゆっくりで数ヶ月かかります。その後は根の丈夫に強い「冠」状の根がつきます。この冠状の根の部分には、根になる幼い根が多く含まれているので、食べられたり刈り取られたりした後も、何度も再生することができます。

この植物は自己毒性を持っています。このため、すでにアルファルファが生えている所で、新しいアルファルファの種が生長するのが難しくなります。よってアルファルファは同じ土地に連続年、栽培せずトウモロコシや小麦などと交代で栽培するのが望ましいとされています。